Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

マスタファイル(5)

【名前】

マスタファイル : マスタの性質を満たすフィールド形式(5)のファイル

【書式】

第1フィールド 第2フィールド 第3フィールド ...
...

【説明】

それぞれの行がIDなどで管理され重複する行がなく、データの更新もあらかじめ定められたタイミングでのみ実施され、随時データの変更が入ったり、逐次データが追加されるといったことがなく、商品や店、都道府県、市区町村などデータ処理中に主要なデータとして出現するようなデータを一般的にマスタと呼んでいる。

ユニケージ開発手法では、マスタに該当するフィールド形式(5)のファイルをマスタファイル(5)と呼んでいる。マスタの特性以外に、ユニケージ開発手法におけるマスタファイル(5)は次の特性を満たしている必要がある。

たとえば第1フィールドが店番号、第2フィールドが店名で構成される2フィールドのフィールド形式(5)のファイルで、第1フィールドの値がLANG=C sortで整列されたファイルはマスタファイル(5)と呼ばれる。

マスタファイル(5)は短縮してマスタと呼ばれることがあり、また、Tukubaiコマンドマニュアルではmasterと表記される。マスタファイル(5)とは対照的に随時データが追加されるようなフィールド形式(5)のファイルはトランザクションファイル(5)と呼ばれている。

【例1】

マスタファイルの例は次のとおり。

001 新橋店
002 目黒店
003 五反田店
004 新宿店
005 池袋店
006 原宿店
007 渋谷店
008 吉祥寺店
009 下北沢店
010 品川店

【関連項目】

ネームファイル(5)トランザクションファイル(5)フィールド形式(5)タグ形式(5)ネーム形式(5)

ユニケージユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の登録商標。

last modified: 2014-01-13 16:01:13