Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

check_attr_name(1)

【名前】

check_attr_name : ネームファイルのデータ種類を行ごとに判定

【書式】

Usage		: check_attr_name <check_file> <name_file>
Option		: --through <string> --ngword <ng_file>
Attribute	: n N (0以上整数)
		: s S (符号つき整数)
		: f F (小数)
		: v V (符号つき小数)
		: e E (英字)
		: a A (英数字)
		: h H (半角文字)
		: z Z (全角文字)
		: k K (全角カタカナ)
		: x X (文字)
		: c C (チェックディジット)
		: o O (英大文字)
Version		: Thu Dec 15 13:46:38 JST 2011
		: UTF-8

【説明】

<check_file>に記述されているタグ名、桁数+属性の指定にしたがって<name_file>のデータを判定する。データが大文字なら桁数に等しい値を、小文字なら指定桁数以下の値を要求する。<name_file>のタグは、タグ名_数値であれば、_数値部分を取り除いたタグ名のみでチェックをする。エラーがあった場合は、コマンドはエラー終了し標準出力にタグ名と桁数+属性を出力する。

--through <string>オプションは、<name_file>のデータが<string>のうちいずれかに等しい場合はチェックを実施しない。<string>のデフォルトは_となる。このオプションは繰り返し使って複数の<string>を指定することができる。

--ngword <ng_file>オプションは、Z X K などの日本語文字チェックのときに、<ng_file>に含まれてるマルチバイト文字をエラーとする。

【例1】通常のチェック

$ cat check
A N3            ←3桁整数
B n4            ←4桁以下の整数
C x3            ←5桁以下の文字
D X6            ←6桁の文字
$ 
$ cat data
A 200
B 12345
C abcde
D_001 xxxxxx    ←"D 6X" としてチェックされる
D_002 xxxxx
D_003 xxxx
$ 
$ check_attr_name check data
B n4
C x3
D_002 X6
D_003 X6
$ echo $?
1
$ 

【例2】--through オプションでチェックしない値を指定する

$ cat data2
A 200
B _
C _
D_001 xxxxxx
D_002 _
D_003 _
$ 
$ check_attr_name --through _ check data2
$ echo $?
0
$ 

【関連項目】

ネーム形式(5)

last modified: 2014-01-13 16:01:13