Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

nameread(1)

【名前】

nameread : ネーム形式(5)のファイル読み込み

【書式】

Usage	: nameread [-el] <name> <namefile>
Option	: -d<c>       空白を置換
	: -i<string>  ヌルデータの初期化
Version	: Thu Dec 15 13:46:38 JST 2011

【説明】

ネームファイル(5)からnameを指定して値を読みる。<namefile>が-あるいは指定がないときは標準入力よりデータを受け取る。

-lオプションでnameも合わせて出力する。-eオプションで正規表現を指定でき、-dオプションで空白データを置換する文字を指定する(指定がない場合は空白データを削除する)。-iオプションでヌルデータの初期化を実施する。

【例】

$ cat namefile
A usp
B usp laboratory
C
$ 

通常の出力

$ nameread A namefile
usp
$ 

ネーム形式(5)のデータは空白を含む

$ nameread B namefile
usp laboratory
$ 

空白を変換したいときは-dオプションを使用

$ nameread -d_ B namefile
usp_laboratory
$ 

空白を削除したいときは-dオプションを引数なしで指定

$ nameread -d B namefile
usplaboratory
$ 

名前のみ存在している場合には空行を出力

$ nameread C namefile

$ 

ヌルデータを初期化する場合は-iオプションを使用

$ namread -i @@@ C namefile
@@@
$ 

名前が存在しない場合には何も出力しない

$ nameread D namefile
$ 

名前も一緒に出力するには-lオプションを使用

$ nameread -l A namefile
A usp
$ 

-eオプションを指定することで正規表現を利用可能

$ cat namefile2
A01 1
A02 2
A03 3
A10 5
$ 
$ nameread -e '^A0[0-9]$' namefile2
1
2
3
$ 
$ nameread -el '^A0[0-9]$' namefile2
A01 1
A02 2
A03 3
$ 

【関連項目】

cgi-name(1)mime-read(1)ネーム形式(5)

last modified: 2014-01-13 16:01:13