Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

check_need_name(1)

【名前】

check_need_name : ネームファイルの整合性判定

【書式】

Usage	: check_need_name <check_file> <name_file>
Option	: --blank <string>
Version	: Thu Dec 15 13:46:38 JST 2011

【説明】

<check_file>に記述されているフィールド値に基づいて、<name_file>ネームファイルの整合性を判断する。<check_file>に記述されている第1フィールドの値が<name_file>の第1フィールドのどこにも存在しなかったり、<name_file>の第2フィールドの値がない、または_だった場合にコマンドはエラー終了し、標準出力にそのフィールド値を出力する。

<check_file>ファイルは2フィールドあっても動作する。詳しくは例1を参照のこと。<check_file>は、フィールド値+(_以外の文字列)でも正しく認識する。

--blank <string>オプションは、<name_file>のデータの値が<string>の場合はデータがないとみなす。つまり、<check_file>に指定されていて値が<string>である行はエラーになる。<string>のデフォルトは_となる。

【例1】通常のチェック

$ cat check_file
A
B
C
D
$ 
$ cat check_file2		←checkとcheck2は同等
A need
B need
C need
D need
E _
F _
$ 
$ cat name_file
A _
B 12345
C abcde
D_001 _
D_002 xxx
$ 
$ check_need_name check_file name_file
A
D_001
$ echo $?
1
$ 

【例2】--blank オプションでヌルデータを指定する。

$ cat data2
A @
B 1
C 2
D 3
$ 
$ check_need_name --blank @ check data
A
$ echo $?
1
$ 

【関連項目】

ネーム形式(5)

last modified: 2014-01-13 16:01:13