Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

unmap(1)

【名前】

unmap : 縦キー/横キー形式の表データを縦型ファイルに変換

【書式】

Usage	: map       [-<l>] num=<n>x<m> <file>
	: map +yarr [-<l>] num=<n>x<m> <file>
	: map +arr  [-<l>] num=<n>x<m> <file>
Version	: Sat Dec 10 21:04:17 JST 2011
	: OpenUSP (LINUX+FREEBSD/PYTHON2.4/UTF-8)

【説明】

map(1)と逆の動作をする。

【例1】

表データを縦型ファイルに変換する。num=<n>の値は縦キーのフィールド数を表す。

$ cat data
*   * 01/01 01/02
001 a店   103   157
002 b店   210   237
$ 
$ unmap num=2 data |  keta
001 a店 01/01 103
001 a店 01/02 157
002 b店 01/01 210
002 b店 01/02 237
$ 

【例2】

データ部が複数種ある場合は、複数列にマッピングする。

$ cat data
* * 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
a店 A   103   157    62   131   189   350   412
a店 B    62    94    30    84   111    20   301
b店 A   210   237   150   198   259   421   589
b店 B   113   121    82   105   189   287   493
c店 A    81    76    38    81    98   109   136
c店 B    52    49    21    48    61    91   110
d店 A    75    72    34    74    91    98   101
d店 B    48    42    19    43    51    69    90
$ 
$ unmap num=1 data |  keta
a店 1日目 103 62
a店 2日目 157 94
a店 3日目 62 30
a店 4日目 131 84
・
・
d店 6日目 98 69
d店 7日目 101 90
$ 

【関連項目】

map(1)tateyoko(1)

last modified: 2014-01-13 16:01:13