Tukubaiオンラインコマンドマニュアル - check_cmp_name(1)

check_cmp_name(1)

【名前】

check_cmp_name : name 形式データの値の大小関係をチェックする

【書式】

Usage   : check_cmp_name <expression> <name_file>
Option  : --through <string>
Version : Tue Oct 19 23:46:03 JST 2021
Edition : 1

【説明】

<expression>の記述に従って、<name_file>のデータのタグ同士やタグと値の大小関係をチェックします。

エラーがある場合,<expression>を満たさないタグ名をすべて標準出力に出力してから、エラー終了します。

<expression>は、'左辺 記号 右辺' と記述します。左辺と右辺にはタグ名や値を指定します。記号については、次の6種類が使えます。

    -EQ -eq  <--  =  (equal)
    -NE -ne  <-- !=  (not equal)
    -GE -ge  <-- >=  (greater or equal)
    -GT -gt  <--  >  (greater)
    -LE -le  <-- <=  (less or equal)
    -LT -lt  <--  <  (less)
      

--through <string>に関しては<name_file>で定義されるデータが<string>に一致する場合は、チェックを実施しません。<string>のデフォルトは'_'です。このオプションは繰り返し使って複数の<string>を指定できます。

【例1】

[usp1 usp@ ~]$ cat data
A 200
B 300
C _
D_001 3
D_002 2
D_003 1
E_001 1
E_002 2
E_003 3

(タグ名とタグ名の比較)

$ check_cmp_name 'A -le B' data
$ echo $?
0
$ check_cmp_name 'A -eq B' data
A
B
$ echo $?
1

(タグ名と数値の比較)

$ check_cmp_name 'A -gt 300' data
A
$ echo $?
1

('_'の場合はチェックしない)

$ check_cmp_name 'C -ne 0' data
$ echo $?
0

(複数レコードも正しくチェックする)

$ check_cmp_name 'D -le E' data
D_001
E_001
$ echo $?
1
Last modified: 2022-08-13 08:42:30