Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

divsen(1)

【名前】

divsen : 指定フィールドを1,000で除算

【書式】

Usage	: divsen [-s] <f1> <f2> ... <file>
Version	: Thu Dec 15 13:46:38 JST 2011

【説明】

引数のファイルまたは標準入力のテキストデータの数値を1,000で除算し出力する。千単位の表を作成する場合などに使用する。引数において1,000で除算する各フィールドを順に指定する。なお、小数点以下の数値は四捨五入される。-sオプションを指定すると四捨五入せず、小数点の値をそのまま出力する。

【例1】

$ cat data
20060201 296030 6710000
20060202 1300100 3130000
20060203 309500 20100
20060204 16300 300100
20060205 41000 210000
20060206 771100 400000
$ 
$ divsen 2 3 data		←2フィールドと3フィールドを1,000で除算
20060201 296 6710
20060202 1300 3130
20060203 310 20
20060204 16 300
20060205 41 210
20060206 771 400
$ 

-sを指定して小数点まで表示させる。こうしたデータは以降でmarume(1)などを使って加工する。 

$ divsen -s 2 3 data		←小数点まで表示
20060201 296.030 6710.000
20060202 1300.100 3130.000
20060203 309.500 20.100
20060204 16.300 300.100
20060205 41.000 210.000
20060206 771.100 400.000
$ 

【ワンポイント】

divsenされた結果をさらにパイプでつないでdivsenを実行すると、100万単位のデータを作成することができる。

【関連項目】

marume(1)

last modified: 2014-01-13 16:01:13