Tukubaiオンラインコマンドマニュアル

juni(1)

【名前】

juni : 同一キー内での順位を出力

【書式】

Usage	: juni [<k1> <k2>] <file>
	: juni -h [<k1> <k2>] <file>
Version	: Thu Dec 15 13:46:38 JST 2011

【説明】

第<k1>フィールドから第<k2>フィールドまでをキーフィールドとして、同一キーの行どうしにおける順位を行の先頭に挿入する。<k1> <k2>を指定しないときは、すべての行が同一キーとみなすものとする。この場合は単純に行の先頭に行番号を挿入するのと同じになる。

-hオプションを指定した場合、各キーフィールドの順位を階層的に出力する。<file>を指定しない、あるいは、-が指定された時には標準入力からのデータ入力を期待する。

【例1】

行番号を付与する。

$ cat data
0000007 セロリ 100
0000017 練馬大根 95
0000021 温州みかん 80
0000025 プリンスメロン 70
0000030 じゃが芋 30
$ 
$ juni data
1 0000007 セロリ 100
2 0000017 練馬大根 95
3 0000021 温州みかん 80
4 0000025 プリンスメロン 70
5 0000030 じゃが芋 30
$ 

【例2】

キーが関係する場合、キーの開始フィールドと終了フィールドを指定して、同一キーを持つ行どうしにおける順位を行頭に付与する。

$ cat data
関東 パスタ 100
関東 おにぎり 90
関東 パン 40
九州 おにぎり 150
九州 パン 140
九州 パスタ 100
$ 
$ juni 1 1 data
1 関東 パスタ 100
2 関東 おにぎり 90
3 関東 パン 40
1 九州 おにぎり 150
2 九州 パン 140
3 九州 パスタ 100
$ 

【例3】

-hオプションを指定した場合、各キーフィールドの順位を階層的に出力する。

$ cat data
A A1 A11 A111
A A1 A11 A112
A A1 A12 A121
A A1 A12 A122
A A2 A21 A211
A A2 A21 A212
A A2 A22 A221
A A2 A22 A222
B B1 B11 B111
B B1 B11 B112
B B1 B12 B121
B B1 B12 B122
B B2 B21 B211
B B2 B21 B212
B B2 B22 B221
B B2 B22 B222
$ 
$ juni -h 1 3 data
1 1 1 A A1 A11 A111
1 1 1 A A1 A11 A112
1 1 2 A A1 A12 A121
1 1 2 A A1 A12 A122
1 2 1 A A2 A21 A211
1 2 1 A A2 A21 A212
1 2 2 A A2 A22 A221
1 2 2 A A2 A22 A222
2 1 1 B B1 B11 B111
2 1 1 B B1 B11 B112
2 1 2 B B1 B12 B121
2 1 2 B B1 B12 B122
2 2 1 B B2 B21 B211
2 2 1 B B2 B21 B212
2 2 2 B B2 B22 B221
2 2 2 B B2 B22 B222
$ 

【例4】

-hオプションでキーを指定しない場合には、第1フィールドから最終フィールドまでをキーフィールドとみなす。

$ juni -h data
1 1 1 1 A A1 A11 A111
1 1 1 2 A A1 A11 A112
1 1 2 1 A A1 A12 A121
1 1 2 2 A A1 A12 A122
1 2 1 1 A A2 A21 A211
1 2 1 2 A A2 A21 A212
1 2 2 1 A A2 A22 A221
1 2 2 2 A A2 A22 A222
2 1 1 1 B B1 B11 B111
2 1 1 2 B B1 B11 B112
2 1 2 1 B B1 B12 B121
2 1 2 2 B B1 B12 B122
2 2 1 1 B B2 B21 B211
2 2 1 2 B B2 B21 B212
2 2 2 1 B B2 B22 B221
2 2 2 2 B B2 B22 B222

【関連項目】

count(1)gyo(1)rank(1)retu(1)

last modified: 2014-01-13 16:01:13