インフォメーション

第29回FreeBSD勉強会 シェルとコマンド〜実践的企業システム開発手法〜

BSDコンサルティング株式会社取締役 / オングス代表取締役 後藤大地

近年、企業の基幹システム(売上管理システム、商品マスタ管理システム、販売管理システム、在庫管理システム、勘定系システム、MDシステム、勤怠管理システム、給与系システム、データ分析システム、ログ分析システムなど)の開発手法として超高速開発手法と呼ばれる開発手法が注目されつつある。

現在の企業活動に求められるシステムの開発時間はますます短くなっており、従来のウォーターフォール型の開発では経営の要求に応えることが難しくなりつつある。高性能なシステムを短期間に開発できる開発手法の需要が高まってる。

本勉強会ではFreeBSDを企業システムのベースに採用し、シェルとコマンドを組み合わせて企業システムを開発する手法を紹介する。この手法は企業システムの開発速度がきわめて高速で、開発される成果物も高性能という特徴がある。こうした開発手法の草分け的存在がユニバーサル・シェル・プログラミング研究所が開発しているユニケージ開発手法だ。オングスではttt開発方式と呼ばれるシェルとコマンドをベースとした開発手法を活用して企業システムを開発している。

本勉強会ではこうした企業システム開発の実践経験などをベースに、どのような発想で企業システムを開発するのか、シェルとコマンドをベースとしたシステム開発とはいったいどのようなものなのか、コマンドとしてはどういったものが活用できるのか、などを紹介する。

開催日時
2014年6月2日(月) 19時00分から21時00分迄 (18時30分受付開始)
会場
KDDIウェブコミュニケーションズ会議室 東京都千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館 (地図)
受講料
2,000円(税込)
支払方法
当日現金払い※1
参加申込
ATND 第29回FreeBSD勉強会より申込を実施

※1 ご注意:領収書の発行は行いません。ご了承ください。

last modified: 2014-05-06 16:05:06